当院は、新潟市東区の空港通りにある動物病院です。犬・猫・うさぎ・ハムスター・その他の小動物診療を行っております

新潟市東区 空港通りの動物病院
空港通りの動物病院

パソコン・タブレット ・スマートフォンからのアクセスはこちら

携帯電話からのアクセスはこちら

  • ホーム
  • 診療案内
  • 病院紹介
  • 病気の予防
  • ホテル・トリミング
  • エコ活動
  • アクセス
  • リンク集

Disease Prevention

トップページ > 病気の予防 > ワクチンで予防できる病気(猫)

- ワクチンで予防できる病気(猫) -

猫白血病ウイルス 猫白血病ウイルス(FeLV)の感染による病気です。白血病やリンパ腫などの血液のガン、貧血、流産を起こします。
また、免疫力を低下させるため、様々な病気を併発します。潜伏期間がないのですが、その間にウイルスを排出し続け感染源となります。
また、持続感染すると80%が3年以内に死亡します。
カリシウイルス感染症 猫カリシウイルスというウイルスの感染による病気です。初期はウイルス性鼻気管支炎によく似た症状が見られます。進行すると舌や口の周辺に腫瘍ができることがあります。感染猫との接触、分泌物、飛沫の他、食器等の間接的な接触でも移ります。肺炎を起こして死亡することもあります。
クラミジア感染症 クラミジアという特殊な病原体の感染による病気で粘膜性の目やにを伴う結膜炎が特徴です。鼻炎、咳なども見られます。感染猫との接触により感染します。肺炎を起こすこともあります。
ヘルペスウイルス感染症 猫ヘルペスウイルスというウイルスが原因の病気です。くしゃみ・咳・鼻水などの呼吸器症状と目やになどの結膜炎の症状が出ます。分泌物やくしゃみなどの飛沫から移ります。治療が遅れると死亡することもあります。
パルボウイルス感染症 猫パルボイウルスという感染力の強いウイルスによる病気です。高熱・嘔吐・食欲不振・下痢が始まると脱水状態になります。体力のない子猫などは1日で亡くなってしまうこともある病気です。感染猫との接触・分泌物・排泄物・嘔吐物などから移ります。

新潟市東区 空港通りの動物病院

pagetop