当院は、新潟市東区の空港通りにある動物病院です。犬・猫・うさぎ・ハムスター・その他の小動物診療を行っております

新潟市東区 空港通りの動物病院
空港通りの動物病院

パソコン・タブレット ・スマートフォンからのアクセスはこちら

携帯電話からのアクセスはこちら

  • ホーム
  • 診療案内
  • 病院紹介
  • 病気の予防
  • ホテル・トリミング
  • エコ活動
  • アクセス
  • リンク集

Disease Prevention

トップページ > 病気の予防 > 猫のワクチン接種時期・種類

- ネコちゃんのワクチンについて -

  • ■ 初乳を飲んでいない、感染リスクが非常に高いなど状況によっては生後1ヶ月から混合ワクチンを始めることもあります。
    ■ 接種した日は安静にさせて様子を見ましょう。強い副作用ほど、短時間で体に現れてきます。
    ■ 家の外に出したり、シャンプーをするのは、2回目ないし3回目の接種後2週間以上過ぎてからにします。接種後すぐに免疫がつくわけではありません。

- ネコちゃんのワクチン接種時期 -

生後数ヶ月の間は最も感染症リスクが高い時期ですので、次のように予防して下さい。

生後2~3ヶ月 1回目の混合ワクチン
1回目のワクチン接種後、2~4週間後 2回目の混合ワクチン
成猫 毎年1回又は半年に1回

- ネコちゃんのワクチンの種類 -

3種、4種のほか必要に応じて猫白血病ウイルス感染症に対するワクチンなどがあります。



・ヘルペスウイルス感染症
  ・カリシウイルス感染症
  ・パルボウイルス感染症
・クラミジア感染症
・猫白血病ウイルス感染症ワクチン

新潟市東区 空港通りの動物病院

pagetop